求人媒体の上手な活用法の一つ

求人媒体の上手な活用法の一つ

求人媒体の上手な活用法の一つ

求人媒体を上手に活用する方法については、若者たちはとても長けています。

そして、スマホなどで情報交換を活発に行っているので、実情や裏話にも精通しており、今更上手な活用法でもないという感じがあるかも知れません。


でも業界全体に関しては、認識が深くないところもあるはずなので、それを補う活用法の一つをおすすめします。

一流の求人媒体の最新情報ならこちらを参考にしてください。

実は求人媒体と言うと、職業紹介という範疇の人材サービス会社ということになりがちですが、この範疇での活動は、求人企業からのお金で、求人スペックに合う人材を探すというスタンスになっています。つまり、人がいて、その人に合う職業を紹介するのではなく、企業があって、その企業が求めている人材をその企業に紹介するというスタンスだということです。


もっとはっきり言うと、求職者のためにということは二の次になります。


そこへ行くと同じ求人媒体の範疇に入るもののスタンスが違うのが、再就職支援会社です。



ここは、企業からお金をもらいますが、求職者の所属する企業か、もしくは元所属していた企業がスポンサーです。

必然的に、求職者中心の活動を展開します。

求職者が求めるスペックの求人情報を集め、なければそういう企業を開拓します。

ということなのですが、再就職支援会社も職業紹介の事業を推進していることも多いので、職を求める人がいれば対応してくれます。


あくまでも求職者中心の活動を展開しますので、違う角度で切り開いてくれることになります。


だから、この再就職支援会社という求人媒体は上手な活用法の一つなのです。



  • 求人媒体の納得の情報

    • 仕事を探すときに求人情報をチェックするのは当然ですが、この時に求人媒体によって特徴が異なっているので、知っておくとスムーズに見つけやすくなります。一般的な方法としてハローワークなど施設に行く、雑誌やネットなどをチェックすることに分かれて、どちらもメリットとデメリットが存在しているので知っておくと役立つはずです。...

      detail
  • 求人媒体の耳より情報

    • 中小企業では今人手不足で悩んでいます。それは例外なくどんな業種でも人手不足です。...

      detail
  • 求人媒体の話

    • 世の中には様々な求人媒体があります。どこの会社もなにかしらの媒体に求人の広告を載せていると思います。...

      detail
  • 求人媒体の知っておきたい常識

    • 1990年代初頭のバブルの崩壊から、「失われた20年」と言われた長期的なデフレと不景気な時期と共に、約10年前に起こったリーマンショックが加わり求人市場は求職者にとっては、長い冬の時代、買い手市場の続く年月でありました。しかしながら、ここ数年の、庶民にはまだ実感が湧いていないと言われていますが、景気の浮揚と少子高齢化や団塊の世代のリタイアなども加わり、人手不足の状況が急速に日本社会全体に顕在化してきました。...

      detail