意外とすぐできる風水

風水とは約4000年前の中国で誕生した「気」の力を利用したもののことをいいます。この「気」というものは、衣食住や行動など身の回りにある環境全てに伴うものでうまく使うことで開運を導くと言われています。環境を変えて運をよくするというのが風水の根本にある考え方です。それでは、身の回りの例を挙げて風水について考えてみましょう。

風水で一番大切だと言っても過言ではないのは玄関です。玄関は生活の場である家の中に気を取り込むためにとても重要だと考えられています。玄関には、玄関マットを敷いて植物を置くようにしましょう。玄関マットは家の中に入る時にどうしても持ちこんでしまう、悪い運気を吸い込んでくれる力があります。

天然素材のものを使うとさらに運気が上がるとも言われています。しかし、使い続けて汚れてしまったものには悪い運気を吸い込む力はなく、むしろ家の中に悪い運気を貯めた状態になってしまうので注意が必要です。そのほかにも、玄関には観葉植物や花を飾ると良いと言われています。植物は邪気を吸収して良い気の通り道になるとされています。

交友関係に関与していると言われる玄関に植物を置くことで、交友関係をよくすることにつながります。玄関に玄関マットを敷いたり植物を置くだけで身の回りの状況が良い方向に変わっていくかもしれません。また、風水を知ることでなぜ自分の運が悪い方向にしか起こらないのかを知ることができる手掛かりになります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*