求人媒体とそれらの種類 - 求人媒体の上手な活用法の一つ

求人媒体の上手な活用法の一つ

  • 求人媒体とそれらの種類

    • 1990年代初頭のバブルの崩壊から、「失われた20年」と言われた長期的なデフレと不景気な時期と共に、約10年前に起こったリーマンショックが加わり求人市場は求職者にとっては、長い冬の時代、買い手市場の続く年月でありました。

      求人媒体情報がさらにわかりやすくなりました。

      しかしながら、ここ数年の、庶民にはまだ実感が湧いていないと言われていますが、景気の浮揚と少子高齢化や団塊の世代のリタイアなども加わり、人手不足の状況が急速に日本社会全体に顕在化してきました。

      そのような環境の変化の中で、募集する側と応募する側双方にとって求人媒体の有効な活用が重要度を増してきています。

      求人媒体には3種類あります。


      厚生労働省からの指示を受けた都道府県労働局管轄の地域の雇用対策を実施する公共職業安定所と求人媒体運営会社が運営する特定の業種や職種などに分けて展開する求人媒体と求職者が登録して職務情報を具体的に提供を受ける事の出来る転職コンサルタントの所属している有料職業紹介所や派遣人材紹介企業の3つです。



      インターネットの普及以前は、求人媒体は新聞や折込広告、雑誌や求人専門誌などの紙媒体が主流でしたが、主流はインターネットでの媒体へと変貌し、転職サイトや、LINE、FacebookなどのSNSの活用など、求人情報掲載の手法が多様化しています。
      また、募集する側がダイレクトにホームページに募集情報を掲載したり、アナログな手法として張り紙の掲示も活発に行われています。
      これらのそれぞれに募集する側にとっても求職者にとっても効果や費用、掛かる労力等などにおいて、メリット・デメリットがありますので、よく考慮を重ねて双方が選択する必要があります。