求人媒体の上手な活用法の一つ

  • 人手不足の時代の求人媒体の使い方

    • 中小企業では今人手不足で悩んでいます。それは例外なくどんな業種でも人手不足です。

      求人媒体について考えます。

      いい人材を確保しようと、お金をかけ様々な求人媒体や人事コンサルタントを雇ったり、とにかく人材を確保することが急務になっています。

      募集をしていることを世の中に発信しなければ、応募もこないわけですから求人媒体はどこの会社でも使っていることでしょう。それでも応募が来ないという会社がありますが、実は問題は求人媒体にあるのではありません。応募者の方はしっかりと求人媒体は見ています。見たうえで応募をしてこないのです。


      簡単に言えば、その会社に、業種に魅力を感じないのです。

      求人媒体を見た人はそのあとどのような行動に移るでしょうか。
      その会社のホームページを必ず見ます。そこで、会社の魅力をしっかりと伝えられていますか?媒体はたくさんの人がみていて、ホームページも見られています。



      それで応募がないのであれば、改善しなくてはいけないのは媒体の選別ではなく社内改革です。
      また自分の会社の見せ方をしっかりと考えるべきです。

      どんな仕事もやりがいはありますし、魅力もあります。



      問題は、自分たちの仕事や会社をうまく表現できて見る人に興味を持ってもらえるかが重要です。将来性も具体的に伝えることができれば応募はくるでしょう。ですので、応募がこないからとたくさんの媒体にお金を使うのではなく、表現の仕方の部分にお金を使ったほうが求人に対する応募がくるようになると思います。