求人媒体の上手な活用法の一つ

  • 求人媒体への掲載の仕方

    • 世の中には様々な求人媒体があります。

      どこの会社もなにかしらの媒体に求人の広告を載せていると思います。

      しかし満足のいく応募があったり、いい人材が申し込んでくることはごく稀ではないでしょうか?各求人媒体はある程度フォーマットが決まっており、掲載する情報も決まりがあったりと掲載のルールがあります。


      その限られたスペースの中で会社の魅力を十分に伝えるにはどうしたらいいでしょうか?ありきたりの記事では誰も応募はしてこないでしょうから、強烈なインパクトを与える必要があります。そのためには社内を改革しなければなりません。給与制度や労働環境の改善。


      求人媒体を見た瞬間にこの会社で働きたいと思わせなければいけません。応募が来ないことを求人媒体の責任だと考えるようでは、いい人材には恵まれません。
      応募者は必ず求人媒体を見ています。
      掲載した広告スペースは見られているのです。


      見られているのに応募がないのは自分の会社に魅力がないと思われていると考えたほうがいいです。
      掲載の仕方のおすすめはぜひ社長や従業員の方の顔を出してください。

      こちらの求人媒体のココだけの話をしましょう。

      その会社の働く人が顔を出しているということは、ある程度会社に魅力があるということになります。
      従業員が顔を出しているということは、会社と従業員の関係がある程度よくなければ出しませんので。ぜひ、従業員の方々の写真を掲載してください。



      もちろんホームホームページも同様で、採用ページなどには社長をはじめ働く従業員の方々の顔を出していただくことをお勧めします。